即効性のあるスープクレンズで、二日でキレイになろう

ダイエットや美肌に効果がある「スープクレンズ」をご存知ですか?
デトックスの一種ですが、とても簡単なうえにたったの二日で効果が実感できるとあって大人気です。
やり方は簡単で、二日間3食の食事をすべてスープにするだけです。
毎日スープじゃ飽きてしまいますが、二日間だけなら頑張れそうな気がしませんか?
どんなスープでもOKですが、ルールがあります。
一つ目は、野菜をたっぷり入れることです。
その二日間はスープだけが唯一の栄養源になるわけなので、たくさんの種類の野菜を入れて、栄養たっぷりスープにしましょう。
旬の野菜を最低でも4種類は入れることを意識するといいですよ。
さらに、お肉やソーセージなどは我慢です。
デトックスなので、腸に負担のかかるものは避けましょう。
二日間、スープを飲み続けて、ポッコリおなかがなくなったり、便秘や肌荒れが解消されたなんていう口コミもあります。
大好きな彼とのデートの前に、即効性のあるスープクレンズでさらにキレイを目指してみませんか。

生理前の豆乳で簡単に痩せ体質を作ろう

女性の体は、ホルモンの分泌に支配されているといっても過言ではありません。
ホルモンの分泌によって、毎月生理が来るだけでなく、むくみやすかったり、イライラと情緒不安定になったり、色々な影響を受けます。
そんな女性ホルモンの増減をうまく利用したダイエットが、「生理前豆乳ダイエット」です。
その名の通り、生理前に豆乳ダイエットを飲むだけの簡単ダイエットです。
生理の予定日の7から10日前から、一日コップ一杯の豆乳を飲み、生理が始まったら、飲むのをやめます。
毎日豆乳を飲むと、逆に効果が薄れるので、豆乳を摂取するのはこの期間だけにしましょう。
生理前の期間は、体がむくみやすく、老廃物をため込みやすい時期です。
しかし、豆乳を飲むことで、体が老廃物を上手に排出できるようになります。
そうすることで、生理後の卵胞期に上手に脂肪を燃焼できるようになるのです。
豆乳を飲むだけなんて、とっても簡単ですぐに始められそうですよね。
ぜひ、みなさんお試しください。

旬のスイカがダイエットや美容にも効果的

夏になると、ひんやりしていてジューシーなスイカのおいしい季節になりますね。
実はスイカはおいしいだけでなく、ダイエットや美容にもとても効果的な優秀な果物なのです。
美白に欠かせないリコピン、といえばパッと思い浮かぶのは夏野菜のトマトですよね。
でも、実はトマト以上にリコピンを含んでいるのがスイカなんです。
ほかにも、ビタミンAも豊富に含まれていて、美肌効果も期待できそうです。
スイカはシトルリンというアミノ酸の一種が含まれていて、血流を良くしてくれます。
夕方になると手足がむくんでしまう、という方は是非スイカを積極的に食べてみてください。
水分が多く含まれているので、お手洗いに行きたくなるのですが、翌朝には目で見てわかるほどの効果がありますよ。
スイカのカロリーは100グラム当たり37Kcalしかありません。
1/8カットのスイカを食べても、お茶碗半分ほどのご飯と同じくらいです。
甘みが強く、満足度が高いので、いつもの食事とともに食べるだけでダイエットにもなります。
旬のスイカで、簡単においしくキレイを手に入れてみませんか。

一日10分の縄跳びでキレイに痩せよう

一日に10分間の縄跳びで効率的にダイエットをすることができます。
縄跳びは、ジョギングやスイミングと同じように有酸素運動です。
しかも全身の筋肉をバランスよく使うので、脂肪を燃焼させるだけでなく、程よい筋肉をつけることができます。
特に、ジャンプを繰り返すことで下半身の筋肉を集中的に鍛えることができるので、女性に多い下半身太りの改善にも効果を期待できます。
縄跳びをするときには、腰やふくらはぎなどを傷めないように、あまり高く飛びすぎないことを意識してください。
全身運動なので、普段運動不足の人が急に縄跳びを行うと1分くらいで息が上がってしまいます。
まずは1分飛んだら、1分休憩という感じで、少しずつ体を慣らしていきましょう。
また、ひざへの負担を軽くするためにも、軽くて、クッション性のあるスニーカーを履くのが理想的です。
縄跳びのカロリー消費はジョギングの1,3倍とも言われています。
毎日の縄跳び習慣で効率的に脂肪を燃焼し、ますますキレイを目指しましょう。

ローラさんも飲んでいるレモン白湯でもっとキレイになろう

モデルのローラさんが飲んでいることでレモン白湯が話題になっています。
一度沸騰させたお湯を、普通に飲めるくらいにまで冷ましたものが白湯ですが、そこに生のレモンを絞るだけでレモン白湯の出来上がりです。
食事をしながら摂取することで、適度に満腹感が得られるので食べすぎ防止になります。
また、白湯もレモンも体の中をきれいにしてくれる働きがあるので、ダブルの効果が期待できますね。
腎臓や肝臓の毒素をキレイに排出してくれます。
リンパの流れを整える効果もあるので、むくみやすい体質も改善されますよ。
また、温かい白湯を飲むことで新陳代謝が上がり、自然と痩せやすい体質になります。
同じく温かい飲み物でも、お茶やコーヒーはカフェインを多く含んでいて、体は吸収することに集中してしまいます。
デトックス効果を期待するなら、白湯がおススメです。
レモンを入れることにより美肌に重要なビタミンCも摂取できます。
ビタミンCは体内に蓄積できないので、定期的に取ることが大事なんです。
レモン白湯で簡単にキレイを目指していきましょう。

ダイエット中でもOKなマシュマロのススメ

ダイエット中にお菓子は禁物ですよね。
でも、我慢ばかりしていると、くじけてしまいます。
そんな時におススメなのがマシュマロです。
マシュマロは低カロリーなうえに、満腹感を感じられる優秀なお菓子です。
しかも、もともとはヨーロッパでは薬として使われていたそうです。
マシュマロの主な成分はゼラチンです。
ゼラチンにはコラーゲンがたっぷり含まれているので、美肌に効果的と言われています。
おススメの食べ方はマシュマロ×ヨーグルトです。
ヨーグルトにマシュマロを漬け込み、一晩待つだけの簡単レシピです。
マシュマロがヨーグルトを吸収して、ヨーグルトムースのような不思議な食感になります。
ヨーグルトは、腸内環境を整えてくれる効果もあるので、ダイエットにはもってこいですね。
でも、食べすぎはダメですよ。
一日に10個くらいまでを目安にしましょう。
ダイエット中でも、甘いものを食べて息抜きしながら、理想の体型に近づいていけるといいですね。

ダイエット中でもOKなパンの選び方

パン屋さんの前を通ると、おいしい焼き立てパンのにおいに我慢できない!というパン好き女子も多いのではないでしょうか。
でも、ダイエット中はパンは我慢しなくちゃと思っていませんか?
でも、上手に選べば、ダイエット中でもパンを食べてもいいんです。
まずは、食感の固いパンを選ぶようにしましょう。
柔らかいフワフワのパンはおいしいですが、油が多く含まれています。
固めのパンなら、油が多く含まれておらず、よく噛むことで満腹感が得られるのでダイエットに適しています。
フランスパンなどはカロリーも低いのでダイエットには最適です。
また、マーガリンやジャムをたっぷりつけると一気にカロリーが上がってしまいます。
野菜や、ヨーグルトなどと一緒に食べると低カロリーに抑えられますよ。
また、一緒にスープなどを食べて、おなかを膨らすことも大事です。
また、できるだけ茶色いパンを選びましょう。
精製されていない小麦粉で作られたパンは低カロリーだからです。
ダイエット中だからと我慢ばかりしているとストレスでドカ食いしてしまい、リバウンドの原因になります。
上手にパンを選んで、楽しくおいしくダイエットを続けられるといいですね。

スイミングで夏本番までにヘルシービューティーを目指そう

夏までに短期間で効率的にダイエットをしたいならスイミングがおススメです。
全身運動による消費カロリーは高く、短い時間でたくさんの脂肪が燃焼されます。
平均的な体型の女性が30分スイミングすると246Kcalのエネルギーが消費されます。
以外にも、クロールよりも平泳ぎのほうが消費カロリーが高いそうですよ。
また、運動をするとすぐに筋肉がついてしまって、女性らしい体じゃなくなってしまう…とお悩みの女性にもスイミングはとてもおススメです。
水の浮力を使ったスイミングは、筋肉太りするリスクも少ないのです。
全身に程よい筋肉がつくと、代謝がアップするので、自然と痩せやすい体になります。
食事制限などよりもストレスも少なく、リバウンドの心配もありません。
二の腕が気になるならクロール、お尻や下半身を引き締めたいなら平泳ぎが最適です。
スイミングで、程よく筋肉のあるヘルシーなスリム体型を目指しましょう。
夏本番にはビキニが似合うヘルシービューティーになっているはずです。

ジョギングでしなやか美ボディを手に入れよう

ジョギングすると足に筋肉がついて逆に足が太くなる、なんて話を聞いたことがありませんか。
確かに、ジョギングを始めたばかりの時は筋肉によって一時的に足が太く見えることがあります。
でも、筋肉の増加とともに基礎代謝も上がるので、その後はだんだんと足も細くなっていきます。
筋肉は脂肪よりも重たいので、体重も最初だけ増えることがありますが、これもだんだんと減っていくので、びっくりしてジョギングをやめてしまわないでくださいね。
ジョギングでしなやかで女性らしいメリハリボディを作りたいなら、足る時のフォームはとても大切です。
一番大切なことは、背中をピンと伸ばした状態で走ることです。
また、腕は後ろに振るように意識しましょう。
足の裏全体で着地し、地面を蹴りだすように一歩を踏み出すのが正しいフォームです。
フォームが乱れると変なところに筋肉がついてしまったり、必要以上に疲れてしまうので、ジョギングする際には気を付けてくださいね。

おかゆダイエットでストレスなしダイエット

夜は、お米や麺類、パンなどを一切食べない、炭水化物抜きダイエットというダイエット方法があります。
でも、一日働いて疲れた夜はやっぱりご飯を食べたくなるものですよね。
でも、お茶碗にご飯を半分だけよそっても、満足感がなくてついついたくさん食べてしまいませんか。
そんな方におススメなのがおかゆダイエットです。
大量のお水と一緒にお米を炊くおかゆなら、白米自体は少しですが、カサが増えるので、しっかりおなか一杯になれますよ。
柔らかめのおかゆなら、お水はお米の10倍、固めのおかゆなら7倍を目安にしてみましょう。
消化が良く、体をしっかり温めてくれるので、便秘や血行不良に悩んでいる方にもおススメです。
ノーマルの白がゆもいいですが、しょうがをすって入れたり、季節の野菜をたっぷりと入れて食べるのもおススメです。
ダイエット中の空腹感はストレスになります。
おかゆダイエットで、ストレスフリーのダイエットを始めてみてはいかがでしょうか。